V
V

増税、復興、復興財源、消費税、TBS

  トップホーム   toride.net
とりでBBHP探検施設いろいろお店探検
   /▲ 前頁へ   次頁へ▼/

No. 23101 ■■■ 2011年10月18日(火曜) 7時

ちょっとしたこと 

大人のままごと


   −・−・−・−・−・−

No. 23102 ■■■ 2011年10月18日(火曜) 19時

ちょっとしたこと 

岡部は、みごとに何もしなかったな


   −・−・−・−・−・−

No. 23103 ■■■ 2011年10月18日(火曜) 22時

ちょっとしたこと 

その能力がなかった。


   −・−・−・−・−・−

No. 23104 ■■■ 2011年10月19日(水曜) 11時

ちょっとしたこと 

やる気もなかった


   −・−・−・−・−・−

No. 23105 ■■■ 2011年10月19日(水曜) 16時

ちょっとしたこと 

前議長も童謡


   −・−・−・−・−・−

No. 23106 ■■■ 2011年10月20日(木曜) 7時

ちょっとしたこと  【今夜7時】

TBS 物まねウォーズに山野井氏出演


   −・−・−・−・−・−

No. 23107 ■■■ 2011年10月20日(木曜) 12時

ちょっとしたこと 

自民党は、できなかった。
民主党にもできなかった。
だれがやってくれるんだ?


   −・−・−・−・−・−

No. 23108 ■■■ 2011年10月20日(木曜) 22時

ちょっとしたこと 

こんにちは。石井めぐみです。

新聞の報道によると、東日本大震災の本格復興に向けた第2次補正予算案は20兆円に限りなく近い規模になるといわれています。

復興に限定した臨時特例国債(赤字国債)の発行は避けられず、政府は償還財源は増税、つまり、消費税率の引き上げも検討しているそうです。

私は、復興の財源確保のために、消費税を増税することは反対です。

過去を含め、世界中で復興の為に増税した国など、聞いたこともありません。

デフレ下で増税するとどうなるか?GDPの半分以上を占める個人消費の減退をますます招くことになり、税収増もそれほど期待できず、さらにデフレが促進されることでしょう。

増税はインフレを抑制するためのソリューションであるとは思いますが、デフレ下の増税は愚策中の愚策といっても過言ではありません。

バブル崩壊後、やっと日本経済が立ち直りかけた98年、橋本政権下で行われた消費税増税(3%→5%)により『失われた10年どころか20年』になってしまったのは記憶に新しいところです。

これら理由から、上記の新聞報道を見たとき、目を疑いましたが、西岡武夫参院議長の呼びかけで、東日本大震災の復興財源に充てる増税に反対する超党派の議員連盟が発足したようです。

議連の名称は「増税によらない復興財源を求める会」。

議連が発表する声明では「増税で復興財源を賄おうという案では、10年以上も続く日本経済へのダメージは計り知れず、経済を破壊しては復興もあり得ない」と表明。政府は増税せずに震災国債を発行し、日銀が全額買いオペレーションすることや、日銀が「安定物価目標政策」を導入することを求める方針だそうです。

この議連の声明は当然のことと思います。

貯蓄率も高く、国債金利が世界一安い日本にとって当たり前の政策と考えます。

98年の橋本政権の愚を2度と繰り返してはなりません。


   −・−・−・−・−・−

No. 23109 ■■■ 2011年10月20日(木曜) 22時

ちょっとしたこと 

誰の意見ですか。
めぐみの考えでこれだけの文章を書けないのは同級生はみんな知ってる。


   −・−・−・−・−・−

No. 23110 ■■■ 2011年10月21日(金曜) 8時

ちょっとしたこと 

めぐみをバカにしないで!!議員になって性調したの。


   −・−・−・−・−・−

投稿する ちょっとしたこと (内容は) ペンネームがあれば
この掲示板に投稿する文章をここにお書きください□□□□□□□□□□
XX
http://www.abc.def.com/  ・・・紹介するHPが有れば □□ HPの確認
♪写真もぜひ♪  □□□□□□□□□□□□□□ 参照 写真の確認
注意)投稿する文章や画像等の著作権は放棄されます。


  (最終頁へ)  次頁へ▼/  /▲ 頁頭へ  ニュース / 速報  

新しい投稿の一覧    

携帯電話からも http://toride.net
写真付メール投稿は  xtntnt

内容へのご指摘は、その旨投稿して下さい。削除等適切な処理を検討させていただきます。



▼ 全投稿を

 (使い方
.

このページは
信頼されて22年
株式会社iLex.jp

が作成しています
メール 0297@846846。jp
Tel 0297の846846